読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストMIの日記

自称ミニマリストである僕が、自分目線で日々思っていることを発信するブログです。

音楽は作る側より聴く側でいい

以前は音楽に依存しまくっていて、音楽を生きがいに人生を生きていた。何か辛い事があれば音楽を聴いて気分をあげ、絶対に音楽で成功して会社辞めてやるなんて意気込んでた時代もあったっけ。

 

高校の頃、部活のあまりの厳しさに、半年ほどで辞めてそれから音楽にハマった。当時、バンドブーム全盛期で、よく学校祭ではバンドで演奏している人達がカッコよくみえた。部活を辞めた自分の空っぽの心に、バンドが入り込んできたのだと思う。

 

当時、僕はラルク黒夢がやたら好きすぎて、とにかく当時販売していたCD、書籍、グッズのほぼすべてを高校生ながら購入してコレクションしていた。どうやってその購入資金を作ってたかはもう覚えてないが、僕が音楽にハマった第一のきっかけは、ラルク黒夢であったことは間違いない。

 

一応、ラルクのギタリストKENが好きだったので、自分もエレキギターを買ってラルク黒夢の曲をコピーしてた。けどバンドは組まなかった。というか当時はSNSスマホもなく、バンド募集は、当時の雑誌「バンドやろうぜ」というに載ってた「メン募」とかいう掲示板。もちろん地方暮らしの自分にとって、すぐメンバーが見つかる状況ではなく、ただただ一人、部屋でギター弾いてた。

 

その後、若干ビジュアル系バンドを追いかける自分がダサいなと気付き始めてきた。その時、ラルクはまだビジュアル系バンド寄りだったけど、もともとビジュアル系だった黒夢が結構パンク寄りになってきて、その影響で今度はハイスタやハスキングビー、あとケムリとかポットショットなど、いわゆるメロコア系に趣味が移っていった。

 

ラルク黒夢への依存から離れると同時に、自分が今まで購入した彼らのグッズやCDを全て売った。完全に全て。今思えば、僕のミニマリスト精神は高校生の頃から備わっていたのかもしれない。余談だが、その時ラルクのCDやグッズを売った相手は地元のラルク好きな女子高生だった。今ではどうやって知り合ったのか、全く覚えていない。

 

話は戻ってメロコア系に興味が行って、とにかく当時のハイスタは好きすぎた。もう全てがカッコよい。僕はその時点でもうメロコア系が全てだった。

 

でもその後、僕の人生を変える、そして音楽の価値観を変える出来事に出会う。当時、同級生だった友達はスケーターでヒップホップやR&Bのブラックミュージックやストリートカルチャーに詳しかった。ある日、僕はその友達の家で初めてライムスターを聴かせてもらい、衝撃を受ける。ちょうど97~98年頃か。ヒップホップの業界でいうと、90年代の音楽、クラブシーンはまさに黄金期であり、僕は2000年に上京したわけだが、もう少し早く生まれていれば東京で90年代の古き良きヒップホップを体感できたんではないかと今でも思ってる。

 

ライムスターを始めて知ったことで、ジャパニーズヒップホップに目覚める。そして今では伝説と言われている(か、わからないが)スケートビデオでCANDY(キャンディ)というビデオがあった。当時はまだDVDがなくVHSのテープ。それも同じ友達に見せてもらったところ、滑ってるスケーターは全員日本人なんだけど、BGMで流れている音楽がまさにヒップホップ!もう、ここで僕は完全にヒップホップにハマっていくわけです。

 

その後、その友達からは様々なブラックミュージックを聴かせてもらった。DJじゃないのにやたら詳しいっていうギャップも良かった。それからやっぱり何かしたいっていう感情が芽生えてきて、ついにDJに目覚める。上京したら絶対にDJ機材買ってクラブで回して成功してやる!って本気で思ってた。

 

そんな感じで高校3年の夏、就職か進学かで進路相談があるわけだけど、僕は本気で音楽で食べていきたいと思って、より多くの音楽と関われる仕事、そしてDJに繋がる仕事って何かって当時高校生の自分なりに考えた結果、それは「レコード店スタッフ」という道だった。いわゆるタワーレコードHMVなどの大型店のスタッフになるということ

 

でも、今と変わらずレコード店スタッフはアルバイトからのスタートで、時給も安い。地方から上京した自分がいきなり時給の安いレコード店スタッフとして働いて生計を立てられるかどうかってのは、当時高校生の自分にも厳しいってのは分かってた。けど、何かそれしかやりたいことが思い浮かばなかったので、その年の夏休み、一人で東京に旅行に行ってタワレコHMVの本社に行った。結局タワレコは会ってくれなかったけど、HMVの人事の人は会ってくれた。アポなしで行ったのに申し訳ない。今でもその時貰った名刺は大切にしている。というか、当時は本当に情報が無く、どうやってレコード店スタッフに入社するかが分からなかったからこその行動でもあった。

 

 

結局レコード店スタッフで働くのは現実的でないということになり、けど上京したかったから都内の一般企業に就職することで無事、上京した。

 

 

始めは地方出身者は会社の寮で2年間生活しなければいけなかった。男3人部屋だったので、自分が好きな音楽もガンガン流せないし、門限も23時だったからクラブなんていけない。とにかくDJや音楽へのあこがれは日に日に募っていくばかり。逆にお金はどんどん貯まっていった。

 

 

その後、無事寮生活を終え、ついに念願の都内での一人暮らしとなった。もう即効DJ機材を揃え、休日はレコードを買いまくり、クラブに入ったり、自宅でDJしたりの日々。レコードばかり買ってたから当然ながら貯金はほぼゼロ。でもまだ若かったし、仕事も何とかなると思って後先考えず音楽を楽しんでた。

 

 

当時はDJブームってのもあって、渋谷の宇田川町はレコード店が集結してて、結構な値段が付けられてた。今はもう音楽はデジタルの時代になって、ネットでは無料で好きな音楽を聴ける時代だが、当時はまだまだネットも普及してなく、情報も店に行かないと得られなかったので、とにかくレコードを買いまくった。正直レコード店くらいしか行ってなく、他の娯楽施設はあまり知らなかった。東京に住んでるくせに。

 

やはり東京に住んでたので、周りは同じ音楽好きな人も多く、比較的簡単に知り合いや繋がりもできた。自分はそれが当たり前と思ってたけど、それは東京だからであって、地方はそうはいかない。まあそんな感じで色々とクラブイベントも実際にやってDJやったりもした。あくまでもそれで金は稼げてないけどね。レコード代は掛かるわ、イベントやるってなるとノルマがあってお客さん呼べないと自分で赤字を払わなきゃいけないわ、あとお酒も結構飲んでたから呑み代もかかるわで、何かだんだんこれってどうなの?ってなってきた。

 

そんな感じで状況後、4~5年くらい会社員やりながらDJやったりクラブで遊んだりの日々だったけど、とにかくレコードを買うことに終わりが見えず、貯金もできず、将来のことも考えてた時期で、このままDJやってても何か意味ないなと考え始めた。結局その後DJは辞めた。もう、DJだけじゃなく、東京の生活にマンネリ化してたってのもあって、生きてること全てに疲れてたってのもあった。

 

そこから数年後、地元の田舎に戻ってしまうわけだが、今度は逆に田舎がヒマすぎて自分が過去に楽しんでた音楽にまた依存したくなってくる。一応地方でも少なからずクラブイベントはやってたりするけど。そんな感じで今度はデジタルでDJやったり、PCで音楽作ってみたりと、また中途半端に手を出してしまう。

 

でも結局ダメだった。出来なかった。そして思った。すでにこの世の中には膨大な素晴らしい音楽が溢れていて、敢えて自分がわざわざ作る意味ってないなと。音楽をただ純粋に聴くことほど、ラクでコスパ最強なものはない。けど、これが作る側、発信する側になると全く別。とにかく膨大な労力が必要となる。

 

 

ミニマリスト的に、禅の考え的に行けば、自分の中では人生はいかにラクに生きるかということをテーマに生きているので、音楽は好きだけど、自分は作る側ではなく、ただ純粋に聴く側でその一瞬一瞬を楽しむだけで幸せだと思った次第である。

 

 

音楽はBGM程度でいいかな。音楽を作る人達は本当スゴイ。尊敬に値する。

読書とブログを趣味にしたい

読書とブログを趣味にしたいと思っている。理由はシンプルで、はっきり言ってヒマ潰しである。

 

今まで自分自身がミニマリストと禅の考え方を自分なりに解釈した結果、モノを持たず最小限で生きるというのは前提として、敢えて「何もしない」「何者にもならない」という部分を大事にしたいと思った。そこで、普段プライベートでは趣味を持たず何もしてない。

 

運転が好きで休日は出掛けて外食してくることが多いので、それが趣味と言ったら趣味になるかもしれないが、例えば、何かビジネスで成功したいとか、アーティストとして作品を作ってるとか、そういった何者かになって何かをするという行為自体を全くしなくなってしまった。その方がお金掛からないし、人付き合いもないし、それに使う時間や労力も無いし、ラクに生きられると考えたからである。

 

 

けど、いざそれを続けると、ガチでやることがなくてヒマになる。どんなにヒマでもその時間を過ごせる人がうらやましいとさえ思ってしまう。自分はヒマに耐えられない人間だ。だから何かしていたい。でも「何もしない」「何者にもならない」という考えが自分の中でしっくりきたからそれを実践してたのに、結果的にヒマになって今その衝動と戦っている。

 

いつもヒマになれば大体ネットサーフィンして、何か楽しそうなことを探す。そしてそれをやっている自分を想像し、実際にそれに必要なモノを買う。おそらく自分の中ではモノを買った時点ですでに満足しており、実際にその後は熱が冷めて辞めてしまい、最終的にその買ったモノは早い段階でリサイクルショップへ断捨離。。。

 

とにかく不要なモノは自分の目の前には置いておきたくないからすぐ処分して僅かなお金に換える。本当バカなんです。まあそんな繰り返しで、今まで沢山お金遣ってモノを買ってはリサイクルショップで断捨離して、って感じをここ2~3年ずっとやってたので、今はある程度自分にとって本当に必要なモノ、不要なモノは選択できるスキルが身についたのだけが唯一プラスになったなという感じ。

 

なので、ある意味強制的に「何もしない」「何者にもならない」を実践することで自分の物欲を抑え、モノを買わないようにしている。結果的にお金も遣わないのでいいと思ってはいるが、やはりヒマになると、本当にその時間に耐えれなくなるのが現状だ。

 

多分、禅に関連した書籍をもっと読んでいけば、その中にヒントがあってそれを実践し続けることで「何もしない」「何者にもならない」が自然にできると思うけど、今はまだそこに辿り付けてない。だから、今自分が思い浮かぶ、最もコスパが良い趣味、そしてヒマ潰しとして、この「ブログ」と「読書」を選んだ。

 

正直、ブログは過去に何度もやったが全然続かなかったし(ただしPCのキーボードで文字を入力するのは何故か知らないが好き)、読書自体は何か文字を読むのが苦手、というか無理ってレベル。

 

でもこれからミニマリストの生き方、そして禅の考え方のもと、いかに人生をラクに自由に身軽に生きていくかを考えた時、もう今までのようにグダグダとネットサーフィンして、その情報に影響されて、とりあえず自分でもそれを始める為にモノを買って所有して、結局何も出来なくて中途半端に手を出して沢山のお金と時間と労力を失うのはもうイヤ。

 

 

そこでスマホとパソコンは最低でも断捨離はしないのは自分でも分かってるので、それらの電子端末を使ってできることっていったら、もうテキストベースのブログで文章を書いて自分の気持ちや考えをアウトプットすることと、kindleなどの電子書籍でとにかくミニマリストや禅に関連した書籍を読む、それしかないという結論に達したわけ。

 

ブログで文章読むのも、読書も、結局はいかに継続するかだと思う。多分今はまだ食わず嫌い状態で、継続した先の楽しい世界までたどり着いてない。だからその楽しさを味わいたいので今は継続する。

 

 

別にブログの文章が下手でも気にしない。読書で思うように読めなくても気にしない。あくまでも今の自分ができる範囲で、無理せずほどほどにテキトーに自然にそれをやっていく。毎日の積み重ねが多分あとあと響いてくる。どんなに辛い仕事でも、結局続けていれば必ずできるようになっているのと同じ。

 

ブログが出来ること、読書ができること、それだけで幸せと思ってありがたく一日一日を過ごしていきたい。

 

 

好きなことは車中泊の一人旅

ガチで車中泊をやろうとすると、正直金がかかり過ぎる。ガチな車中泊ってのは、自分みたいに普段生活で乗っている軽自動車を旅する時だけ車中泊仕様に変えて、普段は生活の足としてクルマを運転するようなのではなく、ハイエースやキャンプカーで、衣食住が普段の生活と同じレベルでできるようなものだと思う。そうなると、普段の生活とは別にもう一つ生活費が掛かるというイメージだ。それなりにお金と時間に余裕がないと、本当の意味での車中泊は成立してないも同じだろう。

自分の場合はクルマが無いと生活出来ない地方在住であり、年に2~3回は車中泊で東京や大阪をメインに自分が運転する車で一人旅に出掛ける訳だが、そこでの宿泊先は大体有料駐車場に停めて、そこで車内を車中泊仕様に変えて、必要最小限の睡眠、着替え等をする。

 

どうしても仕事のシフトが直前にならないと分からない都合で、例えば一ヶ月前からネットで宿泊先のホテルを予約なんていうことが出来ないのだ。まあ節約したいってのもあるので、最近の旅はほとんどホテルには泊まらず自分のクルマで車中泊してるのが現状である。

 

しかし車中泊とは言っても、クルマはごく普通の軽自動車。買った時はほぼ新車だったけど、もうそれを10年近く乗り続けている。とにかく外観はボロい。そんなクルマで車中泊を続けているが、ここまでくると逆にクルマに対して愛着がわく。

 

やはり結婚してないから家族を連れていくという概念がない分、一人旅なので多少の妥協が出来るのがこのクルマでの車中泊一人旅を実現させているのだろう。多少の不便と引き換えに、とにかくコスパ良く旅費を最小限にしていきたいからだ。

 

この車中泊の旅は、自分が地方に在住している間は続けるだろう。理由はシンプルで、一人で移動したい。公共機関に頼ると自由が利かないなどだ。

 

前述した通り地方在住なのでまず車を所有することが前提であり、自分の場合、一応自称ミニマリストで禅の考え方が好きで取り入れてるつもりだから、基本的に何か趣味を持っているとかは無く、独自の考えで「何もしない」「何者にもならない」という考えだから、仕事以外の休日は正直本当やる事がなくてヒマなのだ。あまりにもヒマすぎるので、得意ではないがこうやってブログ書いたり、あとミニマリストや禅に関連した書籍をkindle電子書籍で読み始めている。

 

ブログで何か文章を書くことや、本を読むことってあまり得意ではないんだけれど、本当にやることなくて、それに耐えられなくて始めた。モノは基本所有したくない。けど唯一所有してるものって言えばスマホとパソコン。いまさら動画や写真撮って編集して色々やってっていうのも面倒だし高スペックのパソコンが必要。じゃあ何がいいかってなったらテキストベースのことをやる、すなわちブログに文章を書いたり、電子書籍で本を読む。それならそこまで高スペックな電子端末は必要ないから。

 

今はまだ余裕をもって楽しんでブログ書いたり本読んだりできない。もともとそういうのやらない人間だから。けど何もしないとヒマすぎて逆に辛くなる。ということで始めたブログと読書。もうお金が掛かる趣味とかビジネスとかあまりやりたくない。

 

身の丈にあったことを、ほどほどにやり続ければそれでいい。そして沢山の人に共感を得てもらう必要はなく、だれか一人でも何か感じてもらえればそれでいいかって感じ。と、車中泊の話から逸れたが、僕自身はクルマの運転が大好きで、年に数回、車中泊の旅に出て、そして都会が大好きな人間だ。

 

もし数年後、東京へ無事戻れたらクルマは手放すかもしれないので、あまりクルマにも依存せず、地方ではクルマと共存していきたい。

このブログは、今自分が考えてることを発信するツールにしたい

自分が今、ブログで発信したいことを挙げてみます。

ミニマリストのこと

・ゆっくり行動するということ

・痛みのない健康な身体であることが幸せであるということ

・性病にならない為に脱風俗をしていること

オナ禁をしていること

・結婚せず一生独身を貫きたいこと

・一人で生きることで自由な時間を確保していること

・腰痛にならない為に日々ストレッチをしていること

・音楽はBGM程度に付き合えればいいなと思ったこと

・やはりクルマは便利だということ

・あえてムダな趣味は持たないこと

・自分にとっての楽しみの一つ、車中泊の旅のこと

・旅は自分を成長させてくれること

・音楽と映像をPCではなくポータブルDVDプレーヤーにしたら予想以上に快適だったこと

・定額サービスはいらないと思って止めたこと

・基本、本を読むのが苦手なこと

・身軽な人生を送りたいこと

・健康のためにオーラルケアをやっていること

・湯シャンをやっていること

・あえてデジタルなサービスではなくアナログに戻ってみると意外と快適なこと

・お勧めのクッションや枕

・東京に対してのコンプレックスを消すことが出来た理由

・田舎の厳しさ

・都会か田舎かではなく、自分にとって幸せな生き方をするかのほうが重要

・スモールハウス、モバイルハウス

・犬が大好きである

・クルマの運転に関して

・なぜ多くのクルマは、一時停止で完全に停止しないのか

・車間距離が取れないドライバー

・安全運転の基本は、相手に譲る、早く知らせる、そして疲れたら休む

・同じ車に乗り続けること

・借金は良くないが、自分を成長させたのも事実

・クレジットカードは作らない

・家はローンで買わない

・電子端末は結局ノートパソコン一台とスマホ二台(メイン、サブ)にまとまった件

・一人呑みには日高屋が使える

ミニマリストになったらモノを買わなくなったので、お店の存在がほぼ不要になった

ミニマリストになることで得られること

・自分の居場所を作ってラクに生きる方法

・地方のチェーン店は空いてて快適

・結局、チェーン店を利用するのがコスパ高いと思った

・今まで行ったディープスポット

・ブログの役割とは

スマホに専用カバーを付けたら快適になった

Evernoteは無料プランで十分だった

Dropboxは無料プランで十分だった

強迫性障害

・人生を半分諦めて生きるとラクになる

・やっぱり一人で生きるのがラクだから常に一人でいる

・見栄やプライドはどんどん捨ててラクに生きる

・明日会社を辞めても生きていける身軽さ

・モノにお金を掛けることはしたくない

・高級品で無くても生きていくには十分

・自分が住む家は、最低限の衣食住が出来て住民票を置ければそれでいいと思う

・家賃や家に掛かるコストを抑えることが、ミニマリストとしては必要

ワードプレスがよくわからないので、はてなブログを使っている

・なぜミニマリストになったのか

・何者かになる必要なんてないんじゃないか

・夢を追うことが正しいって考えは、単にマスコミやメディアが作っただけ

・夢がなくてもいいんじゃない?

・別にやりたいことなくてもいいんじゃない?借金がなく健康であればそれでいい

・生活レベルをダウンサイジングしている理由

・男なら短髪がラク

・普段遊ぶ友達なんていないけど、全然問題ない

・本当に自由に生きるなら実家は出るのが前提

・僕がスマホをあえて2台所有している理由

・携帯電話はもはや格安SIMでしょう。キャリア携帯でなくとも十分です

車中泊を快適に過ごす自分なりの方法

・愛用している車中泊グッズ

・クラブと風俗通いを辞めた話

・普段の生活ではやることを極限までシンプルに、そして減らす

・モノを持った分、所有する労力が必要になるからあまりモノは持ちたくない

・自分にとってブログは、暇つぶしの遊び程度に気軽に考える

・好きな音楽

・秋田犬をモデルにしたアニメ「ムーコ」

・周りに流されず影響されず自分の道を貫く

・お金が掛からない生活ができるようになって、お金の為に仕事をすることを辞めたい

 

 

こういった自分の考えていることを自分の中で整理したいというのもありますし、

それらを発信することで、たまたま自分が知らない誰かが読んでくれるのも何か

面白いなって思ったんです。

 

あと一番ブログをやろうと思った理由は、やはりヒマ潰しという点ですね。

 

自称ですがミニマリストにやって約1年が経ち、所有物、やること、人間関係、夢、目標など、本当に今まで自分がこだわってやってきたことを手放し身軽になった今、結果辿り着いたのが、結構ヒマで時間が余ってしまったということです。

 

ヒマだからと言って、わざわざ本読んだり、DVD借りて観たりとかは何か面倒なんです。逆に、こうやってパソコンやスマホに向かって文字を打つことはあまり苦痛でないので、じゃあ普段自分が思ってることをブログに書けば一石二鳥だなという安易な考えのもと、軽い気持ちでブログやってます。

 

普段から一人が好きで、常に一人行動で生きてるので、誰かに語るとかもないです。だからブログで好き勝手に語れれば、十分だなという感じです。

 

とりあえず自分のメディアとして、思ったことを言葉に直しブログに打ちこみ発信することを生活の一部にしようと思います。

 

Twitterのアカウントも作ろうと思います。

では。